FC2ブログ

浴衣のみかた

浴衣のこと…いろいろ、お話ししています

2010年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

浴衣が着崩れ  後ろの襟が首に付いた

浴衣の崩れで、1番気になるのが、襟ですね

特に、着物の特徴である、襟足と襟との距離

私たちは着付けの時に、「襟を抜く」というのですが
だいたい、着付けの時、こぶし一つ分、抜きます

これが、着ているうちにだんだん首に近づいていく…

原因はいろいろありますが…
・コーリンベルトが、きつい…場合
・背中の処理をちゃんとしていない場合
・もともと狭く、して着付けてしまった場合
   ※年齢によっては、抜きをあまりしないのが好みの人もいます

なので 自分で、着る時は

 ・気持ち、広めに襟を抜く
 ・コーリンベルトの長さは、肩幅か、少し長め
   パチンと、押さえたら、襟に負担がないか
   引っ張られていないか、鏡で確認する
 ・襟を決めた紐をしたら、後ろのしわは、
   身八口から手を入れて後ろ見ごろを引っ張ると伸びます


このポイントを、押さえていれば、ほぼ大丈夫です


着ている最中なら
 背中の背中心の縫い目を、背中のおはしょりの部分で下に引っ張る
  ※この時、空いてる手で帯を、押さえてくださいね


 応急手当ですね



★まだ、間に合う! 翌日配達の浴衣




★着物関連人気ブログランキングへ

★着物・和装ブログランキングへ

★装道礼法きもの学院【きものプロ養成講座】

★今だから学びたい。着付けとマナー

お気に入りがきっと見つかる!
★京都きもの市場


スポンサーサイト

| 浴衣の憂鬱 | 10:29 | comments:0 | trackbacks:2 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。