FC2ブログ

浴衣のみかた

浴衣のこと…いろいろ、お話ししています

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

浴衣の仕立て…お誂え

着物を仕立てることをよく「誂える」といいますね

「誂える」とは自分に合わせることです


“着物屋さんに行って、自分の体形に合わせて浴衣を誂える”場合

の流れを説明しましょう

・お店に行きます
・浴衣の生地(反物)を見せてもらい 地色 柄を見て好きなものを選びます
・身長 バスト ヒップ 裄 など主なサイズを測ります
・仕立て方法(手縫い、ミシン縫い)を選ぶ
  オプションで 襟の形、袖丈、居敷きあてなど好みで追加できます※料金追加あり
・1か月後完成(お店によって若干のちがいがあります)

反物は柄がある場合
柄がどの辺にくるかわからないので、やはり店員さんに合わせてもらったほうがいいですね

店員さんによっては
クリップや紐で、きれいに着物風に合わせてくれるのでイメージがつかめます


余裕があれば、そこで帯も合わせれば、なお理想的ですね


※まめ知識 居敷きあてとは?

 浴衣の裏側ちょうどお尻のあたりに四角の布が貼ってるのを見たことはありませんか?
 座ったりする部分なので、補強のために付けられた布ですね
 

 昔の人は、浴衣を生活着として着ていましたから、
 こういう補強も必要だったのかもしれません





それでもお店に行くのが面倒な人は…
通販で…お誂え、してみます?


     

この浴衣は、仕立て代込み 21,000円(税込)
納期は2~3週間後

注染(本染)ですから 柄が裏表が同じ色合いで出る染め方
ということですね
その他、サービスで
着物用ハンガーか足袋がもらえるなど
(ハンガーのほうがいいです)の特典が付いてます





       

こちらは男性用、仕立て込みで24,150円

綿麻の反物です
このストライプ柄は、出来上がりはシャープになるでしょうから
太めの方向きかもしれませんね

通販もこの時期、だんだん品切れが目立ってきました
特に仕立ては、時間がかかりますからね

注文時はくれぐれも納期を確認してください
スポンサーサイト

| 浴衣購入 | 11:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

浴衣の仕立て

昨日仕立てに触れたのでもう少し具体的に説明しましょう

例えばこの通販の浴衣、反物で、3150円です

    

  ・サイズを知らせる
  ・お仕立て代  手縫い 10500円 (ミシン縫い6930円)
  ・期間は30日

  その他、郵送代など…がかかるようです

もちろん着物販売店でも、日数や生地の加工にかかる費用など
若干の違いはあるかもしれませんが、だいたいこんな感じです

※まめ知識というか…常識です!
着物を作ってもらう場合 加工後の返品・交換は、出来ません
(反物は、切ってしまえば、もう取り返しは付かないものですから
 加工最中に「やっぱりいらない」とは、決して言わないでください)     


手縫いとミシン縫いの違いに関しては…

・ミシン縫いは縫いなおしのほどきに時間がかかる
・着た感じが違う
・見た目では分からない
・ミシン縫いは生地に穴が開く?…などいろいろ言われています

さらに今は、ハイテク仕立て(ミシンだけど、きれいな縫い目)
というのもあるんですよね…

個人的には、「いい生地は、手縫い」ぐらいに思っていますが…
これは予算もありることですから、一概にどちらがお勧め、とは言いません


ちなみにオークションでこんなものも売られていました

     

絞りに亀甲 ハギレ、リメイク用????
(染めむらでもあるのかしら?)

新品同様?     今1000円です  



着物関連人気ブログランキングへ
着物・和装ブログランキングへ

 

| 浴衣購入 | 09:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

浴衣を買う場合 気を付けること

浴衣を買う時は、1番いいのは
自分用に「お仕立て」すること(洋服でいうオーダーメード)です

でも、「1週間後の花火で着たくなった」

となれば、お仕立ては、ほぼ間に合いません

   ※まめ知識  お仕立ては、早くても2週間、だいたい1か月はかかるもの、と思ってください


となれば、やはり仕立て上がり(プレタ)の浴衣購入を考えます


出来上がり浴衣のあるメーカーの場合は



Mサイズ(適応身長152~165cm)

Lサイズ(適応身長163~172cm)

   ※Sサイズがある場合(適応身長145~158cm)
   ※この表現は、メーカーによって違いがあります


ほとんどの浴衣にサイズ表があるはずですから、それをみて買いましょう



着てみることができるなら、必ず、必ず、着てみてください

サイズは
・身長
・裄(背中心から袖口まで)

さらに、
・身丈(この場合は、着物自体の丈)

2つあるいは、3つのサイズが書かれていると思います

出来上がり物は、あくまでもトータル的に合うようにできています

個人差がある人
・普通の人より、腕が長い
・普通の人より、顔が小さく首が長い

という方は、それぞれに、合うものを選ばなければなりません

さらに、メーカーによっては、Mサイズでも2、3センチの違い
があったりしますから…

そいうい意味でも、着てみて買うのが1番いいのです



例えば
仕立て上がりの浴衣 綿で2940円

素材 身丈 裄丈 袖丈
綿100% 163cm 67cm 49cm
  

こんな感じですね

着物関連人気ブログランキングへ
着物・和装ブログランキングへ

| 浴衣購入 | 12:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。